読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育結ぶ

京都伏見と京都二条で女性専用のメンタルヒーリング・カードセラピーをしています心理士です。その他、子育て中のセラピーやワークなども随時開催。女性が心地よく過ごせるためのちょっぴりスピリチュアルなメンタルケア

相手の気持ちをコントロール

相手の気持ち

本人に聞けたら・・・・聞けないから・・・

知りたいですよね。

 

セラピーではご質問者から相手へつながっているエネルギー、波動からリーディングしていきます。

波長から

好印象や波長が合うなどは感じられます。

 

しかし

深い部分の相手の真実の気持ちは・・・難しいですね。

 

なぜなら相手の真実の気持ちや感情は・・・・本人しかわからないんですね

(ときには本人でも自分の気持ちがわからないこともあるようですが・・・・)

 

 

それは恋人や友達、親子、夫婦でも同じです。

日々のつきあいや会話、状況で個人差はありますが

それでも

深い真実はやっぱりわからないと思います、本人しか。

 

相手の気持ちをコントロールはできそうでできないんですね。

自分の子供ならできるのでは?


と言われた方がいましたが

 

いやいや


我が子、幼いから・・・で気持ちをコントロールできると思ったら大間違いです


幼くて親の言うことがすべての時でも

子供にもしっかりと「気持ち」感情があります。


しつけではなく親のエゴから気持ちをコントロールしていると

子供の成長とともに後から必ず反動があると思います。

 


人が人の気持ちをコントロールしようとすると

その時点で操作なので

「愛」よりも「エゴ」が顔をだしちゃうんですね

なので、コントロールが良い方向にいくことはまずないんですね。


相手の気持ちをコントロール、操作はできませんが

気持ちを汲み、寄り添うことはできます。

 

なぜコントロールできないか!

相手の気持ちは相手のもので

私の気持ちは私のものなんですね。

 

恋愛で

相手の気持ちを知りたいな~

彼を振り向かしたい!

という感情が生まれたら

これはコントロールかも?と一旦冷静になって考えてみてくださいね。

(コントロールのエゴエネルギーは執着の重く硬いエネルギーといえます。)


そして自分が相手を思う、ドキドキしたポッと温かく幸せな気持ちは大事にしてくださいね

たとえ片思いでも他者をコントロールなしで、ただただ想い慕うエネルギーは素晴らしく。
そんな自分を第三者の目で慈しんであげれたらいいですね(*^▽^*)


そうすると

執着していた硬く重いエネルギーではなく

あたたかく柔らかなエネルギーが相手に伝わりますので

恋愛や関係が上手くすすむことが多いようです。