育結ぶ

京都伏見と京都二条で女性専用のメンタルヒーリング・カードセラピーをしています心理士です。その他、子育て中のセラピーやワークなども随時開催。女性が心地よく過ごせるためのちょっぴりスピリチュアルなメンタルケア

結婚への思い込み

Oさん つづき③

 

父親との深いしこりが、すべて消えたのではなく

深いしこりや思い出したくない記憶すらも

受け入れるようになれた

 

それが解放の一歩だと思っています。

 

思い出したくない記憶や

辛かった、悲しかったなどの感情は

見ないふり

フタを閉めたくなります。

 

私も大人になるまで

そうやって放置してきたもの・・・ありました。

 

でも、この感情たちをしっかりと受け入れないと

なにかの拍子に忘れていたも浮上してきたりするんですね。

 

 

Oさんは

30代ですが

今まで結婚願望がなかったそうです。

それは

ご自身の家庭環境の影響だろうとおっしゃってました。

 

生まれてきてから経験してきたものは

人生に多くの影響力がありますね。

 

たとえば

自転車に乗っていて人とぶつかり大怪我をしたから

それからは運転には十分気をつけるとか

ある言葉で大切な友人を傷つけたことがあるから、

自分の言動には意識する・・・

 

そうやって成長していくんですものね。

 

しかし

どうでしょう

 

自転車で怖い思いをしたから、もう二度と乗らない

言葉で失敗したから、もう発言しない!

としたら

この経験は学びになっているでしょうか?

 

経験は前にすすむことを活かすために使われるといいなと思います。

 

Oさんの家族経験がご自身の結婚、人生観に影響を及ぼしていたようなので

こちらもまずしっかりと

どんな思いも吐き出し、解放しクリアにしてから

Oさんの結婚への本音を一緒に見ることができました。

 

Oさんは結婚により男性と長く、同じ家に住むことが怖かったこと

結婚したら子供を必ず生まなくてはいけない

嫌われる親になりたくないと思っていたこと・・・

などが出てきました。

 

結婚への思い込みですね

思い込みをある程度捨てられたことで

結婚が本当にしたいのか?

子供が欲しいのか?

家庭が欲しいのか?

 

これから、ご自身で自問自答され答えを出されていきたいということなので

どんな答えがでても

それが、今のOさんの本音ならばOK!ですよ~

いつでも応援していますっ^^